クロマハープのチューニング

クロマハープのチューニング方法をご紹介いたします。

楽器を楽しく演奏する為には正確な音程にチューニングする事が欠かせません。楽器の性質上、チューニングは少しづつずれていってしまうのですが、毎日弾いているとそのわずかな音程のずれに気づく事が難しいです。その為、定期的なチューニングが必要となります。

クロマハープには弦が32~36本もあるので初めは大変ですが、慣れるまで頑張ってください。

必要な物
• チューニングハンマー
• クロマチックチューナー
(スマートフォンアプリでも可)

《チューニング方法》
クロマハープはチューニングハンマーでチューニングピンを回して音程を上げ下げします。

  1. 正しい弦の音と実際の弦の音を比べて、違いがある場合は調律をします。
  2. チューニングハンマーの先をチューニングピンに差し込みます。
  3. ハンマーでピンを回し音程を調整します。
    右回し:音が高くなります。
    左回し:音が低くなります。

!!ほんの少しの回転で音程が変わりますので、慎重に回してください!!

弦一本ごとに音程を確認して合わせるのはとても手間がかかりますが、音程が正しく合ったクロマハープでの演奏はとても気分が良いです。できるだけこまめにチューニングをすることをお勧めいたします。